長崎のネイチャーゲーム組織

長崎のNG組織

    • 概要
      持続可能な社会作りをめざし、ネイチャーゲームの普及と理念の継承をおこなうために、日本ではネイチャーゲームの指導員制度が設けられています。
      公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会は、日本におけるネイチャーゲーム活動を統括し、代表する組織として、その指導員が主だった会員として登録しています。
      公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会ホームページへ
      1. 長崎県シェアリングネイチャー協会
        長崎県シェアリングネイチャー協会は、長崎県におけるネイチャーゲームの統括と普及、振興を図る組織です。
      2. (沿革)
        ○平成6年に設立された、「日本ネイチャーゲーム協会長崎県支部」が、(社)日本ネイチャーゲーム協会の都道府県組織として、長崎県におけるネイチャーゲームを統括し、その普及および振興を開始する。
        ○平成6年より長崎県において、ネイチャーゲーム初級指導員養成講座が開催される。
        ○平成16年10月「長崎県ネイチャーゲーム協会」設立
        ○平成24年6月日本シェアリングネイチャー協会の公益社団法人化と名称変更に伴い、「長崎県シェアリングネイチャー協会」に改称
      3. (役員)2018年度~2019年度
        代表 楠本剛史
        マネージャー 吉村直子(地域代表 ながさきしシェアリングネイチャーの会)
        宮路清正(地域代表 多良雲仙シェアリングネイチャーの会)
        小濱規男(地域代表 西海シェアリングネイチャーの会)
        奥村公子(企画広報班)
        平田真梨(会員養成班)
        浦田美砂(団体協働班)
        岡座輝雄(業務班)
        岩下直人
        監事 田野平晶子
        豊澤健太
        顧問 春海賢一

chiikinokai

    1. 地域シェアリングネイチャーの会長崎県内には指導員有志で構成する3つの地域シェアリングネイチャーの会があり、ネイチャーゲームの実践の場を提供しています。
    2. (沿革)
      ○平成7年「長崎市ネイチャーゲームの会」設立
      ○平成12年7月「長崎市ネイチャーゲームの会」は、名称を「ながさきネイチャーゲームの会」に変更
      ○平成14年「西海ネイチャーゲームの会」設立
      ○平成16年6月「ながさきネイチャーゲームの会」は、名称を「ながさきしネイチャーゲームの会」に変更
      平成16年6月「多良雲仙ネイチャーゲームの会」設立
    3. ○平成24年6月日本シェアリングネイチャー協会の公益社団法人化と名称変更に伴い、「ながさきしシェアリングネイチャーの会」「多良雲仙シェアリングネイチャーの会」「西海シェアリングネイチャーの会」にそれぞれ改称

  • ■ながさきしシェアリングネイチャーの会
    主な活動場所:長崎市民の森、稲佐山公園
    役員(2018年6月現在)
    運営委員長 吉村直子
    副運営委員長 奥村公子
    事務局長 薗田光太郎

    ■多良雲仙シェアリングネイチャーの会

    主な活動場所:諫早市、長崎県立総合運動公園
    役員(2018年6月現在)
    運営委員長 宮路清正
    副運営委員長 稲田俊彦
    事務局長 平田真梨

    ■西海シェアリングネイチャーの会

    主な活動場所:長崎県民の森、伊佐の浦公園、佐世保中央公園
    役員(2016年5月現在)
    運営委員長 小濱規男
    副運営委員長 岩下直人
    事務局長 豊澤健太