エコパーク論所原でのんびりネイチャーゲーム

2012 年 8 月 19 日

8月5日(日)の午後から北有馬にあるエコパーク論所原でゆっくりのびのびネイチャーゲームをしてきました。

学童さんへはクッキーさんと池野さん、
ご家族さんへはひーままさんとみるくでネイチャーゲーム。

みるくがご家族さんへの活動を紹介します^^*

ぴかっと晴れた中、3組の親子が諫早や雲仙から集まりました!
木陰でまるく座って「ノーズ」
論所原にいるセミ、もぐら、カエルなどみんなで楽しく当ててもらいました。
小さなわくわくの発見をみんなで「小さな美」
みんなで見つけたモノはひとりでは見つけられないモノばかり。
少し耳を澄ませて「音いくつ」
あ、セミ、2種類聞こえるね、風の音も聞こえたようです。
論所原には何があるかな「宝さがし」
音のするものってみんな個性的なモノ見つけてきてくれました。羽は貴重な宝物でみんなでひとつ見つけました。
最後に荒井良二さんの絵本「あさになったのでまどをあけますよ」を読みました。

あさになったので まどをあけますよ
やまは やっぱり そこにいて
きは やっぱり ここにいる
だから ぼくは ここがすき

今回は「ここだけで終わらない、お家に帰ってからも出来る体験」を伝えたく。
お家に帰ってあんなことしたね、こんな発見したね、って話してもらって。
そして夜になって、朝が来て。
窓をあけたら、あ、こんな身近にも、宝物発見!となってくれればいいなあって思います。

子どもさんだけでなく、お母さんにも楽しんでもらえたようです。
論所原も山に囲まれ、海も見え、のんびりした風が吹いてました。

宝さがしの様子。 P1010212

コメントをどうぞ

CAPTCHA