ネイチャーゲームでエコらんば

2011 年 5 月 17 日

5月14日(土)長崎新聞社主催の「エコらんば長崎in水辺の森」に参加してきました。

天気は、文句なしの快晴!!
「ネイチャーゲームで自然を知ってエコの心を磨こう」というテーマでオープンしたブースには160名もの方が来てくださいました。

実施したのは、
「ノーズ」「私はだれでしょう」「フィールドビンゴ」「ミクロハイク」と動物絵あわせです。

エコらんば_絵合わせ

絵あわせで興味を持ってくれた子どもたちに

エコらんば_これなあに?

動物カードを使って「ノーズ」や「私はだれでしょう」を実施というのが
基本の流れでした。新人リーダーの前田君や中本君、こうたろうさんも頑張ってくれました。

エコらんば_絵本

他にも絵本の読み聞かせをしたり、折り紙をおったりしました。ここは、笙子さんと、宮崎さんと、林さんが活躍☆
春海さんと、入江さんは全体のサポート役に回って下さいました。

そして、私はもっぱら「フィールドビンゴ」や「ミクロハイク」で子どもたちと公園のお散歩をしていました。

葉っぱをグルグルにする名人のアブラムシをみんなに紹介して、葉っぱは、時には生きものの棲みかにもなること、アリとアブラムシは互いに協力しあって生きている事などを紹介しました。

お昼ごはんにも、こんなハプニングが!!
空をよぎる黒い影が気になるなぁ…と思ったら!
前田君のお弁当をトンビが急襲!!!!リアルカモフラージュでした。

いつも自然の営みの多様さ、たくみさに驚かされるばかりです。本当に自然って奥深いですね♪

それぞれが、得意な事を生かしながら、子どもたちとともに海風を浴びて楽しい一日はあっというまに過ぎていったのでした。

コメントをどうぞ

CAPTCHA